医局紹介 | 教授挨拶

トップ > 医局紹介 > 教授挨拶

教授挨拶

教授挨拶   医局の沿革   医局員紹介   グループ紹介

整形外科専門医を目指す学生・研修医の皆さんへ

近年は医師不足や医師の都市偏在化が社会的問題になっていますが、名古屋市立大学整形外科もこの問題を改善すべく東海地区の多くの病院に医師を派遣して地域医療貢献に取り組んでいます。また、大学病院として質が高くモラルのある医師の育成にも力を入れております。
当教室は開講当初から『和』を大切にした教室運営を行っています。下にお示ししたように幅広い分野の専門医が所属して最先端の医療を行っており、若手医師がやりがいを持って成長していける医局を目指しています。

整形外科の多様性

整形外科医は運動器の健康を守る専門医です。その対象疾患は多岐にわたり、骨折などの外傷と慢性疾患とに大別されます。慢性疾患は変形性脊椎症や側弯症などの脊椎疾患、変形性関節症や関節リウマチなどの関節疾患、腫瘍疾患、先天性疾患、骨粗鬆症に分かれ、対象器官は脊椎、股関節、膝関節、足関節・足部、肩関節、肘関節、手関節・手指など広範囲に及びます。また、対象年齢も小児から高齢者まですべての年齢の方を幅広く治療していきます。整形外科の守備範囲はこのように広いので、ジェネラリストとしての能力が求められるとともに、特定分野の専門性も身に着けたスペシャリストとしての能力も求められてきます。

名古屋市立大学整形外科学教室の特徴

  1. 同門会雑誌『和』の名前のとおり、医局・同門が一丸となって世界に誇れる診療・研究・教育を推進する環境。
  2. 出身大学にとらわれない医局運営(人事アンケートは毎年行われます)。
  3. 大学病院および豊富な研修関連病院での充実した研修。
  4. 大学院進学、国内留学、海外留学など自由で活発な研究活動。

充実した診療・研究グループ

名古屋市立大学整形外科学教室には腫瘍、股関節、膝関節、関節リウマチ、脊椎(骨粗鬆症を含む)、肩関節・肘関節、スポーツ、小児・足外科、手外科・形成外科の臨床および研究グループがあります。なかでも関節鏡や脊椎内視鏡、スポーツ医学は得意分野の一つであり、一流スポーツ選手の治療も積極的に行っております。入局した先生は卒後6年目まではジェネラリストとしての研修を行います。卒後6年が終了して整形外科専門医を取得した後は希望の専門グループを決めて、大学院での基礎的および臨床的研究や国内外留学を通してスペシャリストとしての腕を磨いていきます。 ぜひ、我々とともにより良い医療を提供していきましょう。