医局紹介 | 脊椎グループ

トップ > 医局紹介 > グループ紹介 > 脊椎グループ

グループ紹介

脊椎グループ

『腰が痛くて動けない』『手足がしびれてふらついて歩けない』など、高齢化社会を迎えて、脊椎脊髄病の患者さんはますます増えています。

苦痛を取り除いて、より快適なQOL をとり戻してあげるためには、様々な保存治療から手術まで、その患者さんにあった治療が必要となります。そのためには、まず、問診と正確な理学所見がとれること、各種画像検査を駆使して正しい診断ができることが重要です。外来でMRIが簡便に撮像できるようになって、侵襲のある神経根などの造影検査は手術を前提とする場合に行うことが多いのですが、責任病巣の把握、神経に対する除圧範囲の決定には必要であり、これらの特殊検査が適格にできることが脊椎外科医としての基本となります。

神経症状を有する患者さんを診た時に、時期を逸することなく手術の適否を判断し、正確な技術で手術を行うように心掛けています。このような脊椎脊髄病医をめざして、頑張ってみたい医学生、研修医の皆さんはいつでもご連絡下さい。当科で診療しているのは、頚椎疾患としては、頚椎症性脊髄症、後縦靭帯骨化症、関節リウマチ、腰椎疾患では脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症などが主なものですが、その他、脊椎圧迫骨折、思春期の脊柱側弯症、脊髄腫瘍、原発性・転移性脊椎腫瘍など対象となる疾患は多岐にわたり、最近では高齢者に多い変性側弯症や後弯変形に対して脊椎全体のアライメントに配慮した手術に取り組んでいます。手術では早期離床を目標に、症例に応じて積極的にインスツルメンテーションを併用することにより、リウマチ性頚椎病変でも術後早期離床可能となっています。腰部椎間板ヘルニアに対しては積極的に内視鏡や顕微鏡を用いて低侵襲手術を行っています。