医局紹介 | 小児グループ

トップ > 医局紹介 > グループ紹介 > 小児グループ

グループ紹介

小児グループ

小児グループでは、先天性股関節脱臼や先天性内反足、先天性垂直距骨、多合趾症、筋性斜頚などの先天性疾患の治療をはじめとして、ペルテス病や大腿骨頭すべり症などの小児股関節疾患、ブラウント病や片側肥大症などによる下肢変形ならびに下肢長不等、脳性麻痺や二分脊椎、シャルコー・マリー・トゥース病、筋ジストロフィー症、先天性ミオパチーなどの神経筋疾患に伴う下肢障害、骨形成不全症や軟骨無形性症、骨端異形成症などの骨系統疾患、扁平足や歩容異常など幅広く小児期の整形外科的疾患を扱い、更に成人の足部疾患に対する診療も行っております。

当院では、関連病院や近隣の先生方から多くの子供さんを御紹介頂いており、日々たくさんの子供たちの診療にあたっております。小児整形外科疾患では成長というダイナミックな変化が疾患の予後に大きく影響しますので、必要な症例に対しては初期治療終了後も長期的な経過観察を行っております。また、小児の治療においては就学も決しておろそかにはできない要素であり、長期入院治療が必要な場合には院内学級に通学していただいております。

小児整形外科疾患は一般の病院で治療困難なものが多く、大学病院へ集中しているのが現状です。一般の病院では見ることのできない稀な先天性疾患なども大学病院では治療しており、研修医の先生にはその診療や治療に参加していただき、基本的な診断ができるように指導していきます。

最少の侵襲で最良の結果が得られるように、超音波断層法やMRIなど最新の画像検査を駆使して治療を行い、病態把握に関する画像所見の研究活動も行っております。また、関連学会への参加や国内外の論文抄読を積極的に行い、常に最先端かつゴールドスタンダードな治療を提供できるように心がけております。