名市大整形外科専門研修プログラム 専攻医募集

研修医募集案内

初期研修医募集案内

名古屋市立大学病院 総合研修センター
詳細はこちら

専門研修プログラム説明会

平成30年度 専攻医(後期研修医)募集説明会のお知らせ(要事前申し込み)

第1回整形外科専門研修プログラム説明会

今年度の説明会は終了しました。ご希望の方には個別に対応いたしますので、下記までご連絡ください。

◎お問い合わせ
名古屋市立大学 整形外科 医局 医局長 岡本 秀貴  | 052-853-8236 | seikei@med.nagoya-cu.ac.jp

名古屋市立大学整形外科専門研修プログラム採用方法

基幹施設である名古屋市立大学医学部付属病院整形外科に置かれた整形外科専門医研修プログラム管理委員会が毎年9月頃に説明会を行い,整形外科専攻医を募集します.

  1. 名古屋市立大学整形外科 医局 電話:052-851-5511(内線 8236)
  2. e-mail:seikei@med.nagoya-cu.ac.jp

にて募集要項,募集日程など詳細についてはお問い合わせください.

翌年度のプログラムへの応募者は

  1. 日本整形外科学会ホームページ(https://www.joa.or.jp/) 『専攻医登録システム(新規ユーザー登録)』より登録申請
  2. 『名市大整形外科専門研修プロブラム 専攻医公募申込書』を下記の宛先まで郵送
    >> 応募申請書ダウンロード PDFファイル / Wordファイル

◎送付先
〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1
名古屋市立大学医学部 整形外科学教室 医局 宛
e-mail:seikei@med.nagoya-cu.ac.jp

詳しい研修プログラムはこちらをクリックして下さい.

後期研修医専門プログラム

2017年4月から整形外科における新しい専門研修プログラムによる研修が開始されます.
整形外科の研修で経験すべき疾患・病態は,骨,軟骨,筋肉,腱,靭帯,神経などの運動器官を形成するすべての組織の疾病・外傷・加齢変性でその内容も多岐にわたっています.名古屋市立大学整形外科では名古屋市立大学病院を基幹施設としA群:大型総合病院とB群都市型または地域基幹病院をローテーションし4年間で必要とされる各分野48単位を修得します.整形外科後期研修プログラムにおいて必要とされる症例数は,年間新患数が500例,年間手術症例が40例と定められていますが,名古屋市立大学病院および関連病院において年間新患数約60,000名,年間手術件数13,000件以上の豊富な症例数を有し,必要症例数をはるかに上回る症例を経験することが可能で約10人の後期研修医の受け入れが可能です.また後期研修プログラムの期間中もしくは終了後に大学院への進学やサブスペシャリティー領域の研修,国内外留学も開始することができる多様なプログラムを用意しております.

研修病院群と指導可能な研修領域,手術件数

病院名施設としての研修担当分野2015
脊椎 上肢・手 下肢 外傷 リウマチ スポーツ 小児整形 腫瘍 リハビリ 地域医療 手術件数
名古屋市立大学病院 709
名古屋市立
東部医療センター
937
名古屋市立
西部医療センター
591
名鉄病院 484
名古屋市
総合リハビリセンター
71
大同病院 746
春日井市民病院 946
小牧市民病院 1598
公立陶生病院 1016
厚生連海南病院 1464
知多厚生病院 301
厚生連稲沢厚生病院 245
豊橋医療センター 894
豊川市民病院 863
大垣市民病院 1141
中濃厚生病院 844
いなべ総合病院 599
静岡医療センター 573

整形外科専門医の取得条件

資格要件

a: 脊椎・脊髄 6単位
b: 上肢・手 6単位
c: 下肢 6単位
d: 外傷 6単位
e: リウマチ 3単位
f: リハビリテーション 3単位
g: スポーツ 3単位
h: 地域医療 3単位
i: 小児 2単位
j: 腫瘍 2単位
k: 流動単位 5単位

名古屋市立大学整形外科専門研修の特徴

本研修プログラムでは基幹施設および連携施設において腫瘍,股関節,膝関節,関節リウマチ,脊椎,肩関節・肘関節,スポーツ,小児・足外科,手外科などの専門性の高い診療を早くから経験することで整形外科専門医取得後のサブスペシャリティー領域の研修へと継続していくことを目指しています.なかでも関節鏡や脊椎内視鏡,スポーツ医学は本学の得意分野の一つであり,一流スポーツ選手の治療やチームドクター,トーナメントドクターとしてのサポートも積極的に行っております.また,基幹施設である名古屋市立大学病院における研修では大学院大学の側面を活かして,その後の大学院進学に備えた臨床研究および基礎研究へ早い段階から関わりを持つことができます.整形外科内に関節再建医学講座とリウマチ関節外科講座の2つの寄付講座を持っており,産学連携による専門性の高い研究に触れることができますし,基礎医学においても解剖学講座で整形外科同門会員が勤務しており連携を深めている他,多くの本学および他大学の大学院基礎講座との連携によって共同基礎研究を進めており、毎年多くの大学院生が基礎研究に取り組める環境を整えております。

本学整形外科大学院生数
2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年
16人 15人 15人 17人 19人 20人 22人

大学整形外科内研究チーム

大学基礎講座による研究

国内留学先

基礎研究


松本佳久先生の研究が中日新聞に掲載されました

臨床留学

脊椎グループ
手の外科グループ
関節グループ
腫瘍グループ
外傷

海外学生教育

選択制6年生の実習を海外有名大学と協力して行っています

海外留学先

関節グループ
脊椎グループ
腫瘍グループ
小児グループ
外傷
その他

Travelling Fellow

関連病院一覧

病院名部長住所
社会医療法人社団宏潤会大同病院 寺澤 貴志 457-0818 名古屋市南区白水町9
名古屋市総合リハビリテーションセンター 467-8622 名古屋市瑞穂区弥富町字蜜柑山1-2
名古屋市立西部医療センター 稻田 充 462-8508 名古屋市北区平手町1-1-1
名古屋市立東部医療センター 吉田 行雄 464-0071 名古屋市千種区若水1-2-23
名古屋鉄道健康保険組合名鉄病院 土屋 篤志 451-0052 名古屋市西区栄生2丁目26番11号
公益財団法人名古屋港湾福利厚生協会臨港病院 川瀬 光 455-0037 名古屋市港区名港2-9-43
春日井市民病院 泉田 誠 486-8510 春日井市鷹来町1-1-1
愛知県厚生農業協同組合連合会足助病院 余語 鎮治 444-2351 豊田市岩神町仲田20
愛知県厚生農業協同組合連合会海南病院 関谷 勇人 498-8502 弥富市前ヶ須南本田396
愛知県厚生農業協同組合連合会知多厚生病院 脇田 郷 470-2404 知多郡美浜町大字河和字西谷81-6
愛知県厚生農業協同組合連合会稲沢厚生病院 加藤 哲司 495-8531 稲沢市祖父江町本甲拾町野7
公立陶生病院 489-8642 瀬戸市西追分町160
独立行政法人国立病院機構豊橋医療センター 柴田 康宏 440-8510 豊橋市飯村町字浜道上50
小牧市民病院 山田 邦雄 485-0044 小牧市常普請1丁目20番地
豊川市民病院 高橋 育太郎 442-0884 豊川市光明町1-19
大垣市民病院 小林 正明 503-8502 岐阜県大垣市南頬町4-86
岐阜県厚生農業協同組合連合会中濃厚生病院 波頭 経俊 501-3802 岐阜県関市若草通5-1
三重県厚生農業協同組合連合会いなべ総合病院 相田 直隆 511-0428 三重県いなべ市北勢町阿下喜771
独立行政法人国立病院機構鈴鹿病院 田中 信彦 513-0004 三重県鈴鹿市加佐登3丁目2-1
独立行政法人国立病院機構静岡医療センター 太田 周介 411-0905 静岡県駿東郡清水町長沢762-1

関係病院一覧

病院名住所
名古屋市厚生院 465-0055 名古屋市名東区勢子坊2-1501
国民健康保険 志摩市民病院 517-0603 志摩市大王町波切1941-1
医療法人生生会 まつかげシニアホスピタル 454-0926 名古屋市中川区打出2-347
水谷病院 456-0002 名古屋市熱田区金山町1-4-3
岡崎南病院 444-0832 岡崎市羽根東町1-1-3
小嶋病院 477-0031 東海市大田町後田97
済衆館病院 481-0004 北名古屋市鹿田西村前111
東海記念病院 487-0031 春日井市廻間町字大洞681-47
渡辺病院 470-3235 知多郡美浜町野間上川田45-2
国民健康保険 上矢作病院 509-7500 岐阜県恵那市上矢作町3111-2
名古屋逓信病院 461-8798 名古屋市東区泉2-2-5
笠寺病院 457-0046 名古屋市南区松池町3-19
東可児病院 509-0214 岐阜県可児市広見1520
名古屋市立緑市民病院 458-0037 名古屋市緑区潮見丘1-77
常滑市民病院 479-8510 常滑市飛香台3丁目3番地の3

医局長からのメッセージ

当教室は開講当初から『和』を大切にした教室運営を行っています.名古屋市立大学整形外科には幅広い分野の専門医が所属して最先端の医療を行っており,若手医師がやりがいを持って成長していける医局を目指しています.

本教室の大きな特徴として

が挙げられます.

診療班は腫瘍班,関節班(股関節,膝関節,肩関節,肘関節,関節リウマチ),脊椎班,小児・足外科班,手外科・形成外科班に分かれています.このほかにスポーツ班として各班の垣根を越えたグループがあります.整形外科に興味のある方はこちらまでご連絡ください.

【お問い合わせ先】
名古屋市立大学整形外科
医局長:岡本秀貴
tel:052-851-5511(内線8236)
mail:seikei@med.nagoya-cu.ac.jp

卒後初期研修,後期研修,大学での研究生活,海外留学,大学病院,関連病院のことなど,何でもお気軽にご連絡下さい.皆様の入局を医局員一同,心よりお待ちしております.