名古屋市立大学整形外科 - Department of Orthopaedic Surgery Nagoya City University Medical School.

グループ紹介

腫瘍グループ

腫瘍グループ (2).jpg

腫瘍班の紹介

腫瘍班では名古屋市立大学の関連病院・近隣の開業医・院内からのコンサルテーションより紹介された患者様方を中心に骨軟部腫瘍・腫瘍類似疾患・転移性骨腫瘍の診療を行っております。特に骨軟部腫瘍は希少疾患であり、診断・治療に難渋することも多いため、診療にお困りの際はご相談いただければと思います。我々の施設では以下のオリジナルな治療方法や多施設共同研究などを行っております。

悪性軟部肉腫に対する温熱併用放射線化学療法(RHC)

RHCは高悪性度軟部腫瘍に対し行う術前治療であり、未分化多形肉腫や粘液線維肉腫、悪性度の高い脂肪肉腫などが現在主な対象です。奏功率は化学療法を単独で行った場合よりも高く、切除範囲を縮小できた結果、より患肢機能が温存可能になる場合もあります。

shuyou02.jpg

山本ビニタ様より許可を得て掲載

良性骨腫瘍に対する関節鏡を用いた鏡視下手術

多施設共同研究への参加

骨軟部腫瘍は希少疾患であり、質の高い研究を行うためには全国の施設で共同研究を行い、治療成績を報告することが重要であると考えております。現在行われている研究は以下の通りであり、患者様からの同意が得られた場合研究に参加させていただいております。

岐阜大学との共同研究

  • 中高齢者原発性高悪性度悪性骨腫瘍の治療成績に対する研究

金沢大学との共同研究

  • 悪性骨軟部腫瘍に対する各種処理骨の長期成績に関する多施設共同研究
  • びまん型腱滑膜巨細胞腫の長期成績に関する多施設共同研究
  • びまん型腱滑膜巨細胞腫(色素性絨毛結節性滑膜炎)および根治切除不能な限局型腱滑膜巨細胞腫(腱鞘巨細胞腫)患者に対するザルトプロフェンのプラセボ対象無作為化二重盲検比較試験

三重大学との共同研究

  • 軟部肉腫に対するエリブリンの有効性

東京大学との共同研究

  • 骨軟部腫瘍のゲノムコンソーシアム運営とマルチオミックス解析研究