名古屋市立大学整形外科 - Department of Orthopaedic Surgery Nagoya City University Medical School.

グループ紹介

外傷グループ

gaishou.jpg

整形外科 外傷グループ

整形外傷は災害・交通事故・高齢者の転倒・スポーツなどさまざまな場面で発生しますが、全てに共通することは「急に起きる」という事です。患者様は、外傷によって急に人生の中で「ピンチ」に陥る事になります。整形外傷医の仕事は「患者様のピンチをチャンスに変える」事と考えています。つまり我々は、外傷治療を通じて、患者様に怪我をする前より精神的・肉体的に強くなっていただき、その後の人生を豊かに過ごすチャンスを掴んで頂く事を目標にしています。
患者様自身にとってもピンチの時にしか感じる事ができない、自分自身の健康の本質やその後の社会に帰ってからの人生の目標などを治療を通じて伝えていけたらと思います。

外傷が急に発生するが故に、その治療にもスピードが求められます。患者様を受けいれて頂く救急科を中心とした各専門科の先生方のご協力をいただきながら、スピード感のある質の高い治療を提供できるように努力させていただきます。

整形外科が担当する外傷は主に骨折になります。骨は造血器官でもあるためその中には、幹細胞や成長因子といった沢山の再生医療に応用できる要素が詰まっています。よって、骨折が治癒(骨癒合)するプロセスはまるで体の中の再生医療を見ているようです。この神秘的な現象を科学的に学びながら、骨折手術ができるSurgeon Scientistの育成にも尽力して参りたいと思います。 

外傷グループ活動

手術技術指導

外傷グループでは国内外(写真はタイにて)での手術トレーニングセミナーを開催し、若手の育成と手術技術の向上を目指しています。

trauma01.jpg

国際セミナーでのプレゼンテーション

外傷グループではグローバルな視点を持ってプレゼンテーションできる人材の育成を目標にしています。

trauma02.jpg

骨折手術

四肢および骨盤・寛骨臼骨折に関するすべての骨折治療を提供しています。

trauma03.jpg trauma04.jpg

難治性骨折治療

偽関節や変形治癒を代表とする難治性骨折に対しても創外固定法・骨再生法を用いて治療を行っています。

trauma05.jpg